読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらかわのぶろぐ

アニメスタッフについての雑記が多いかもです…

ステロタイプのセミナー行ってきた

近年アニメOPを手掛けることの多いステロタイプのクリエイティブセミナーを見学してきました。モーショングラフィックスを多用したOPが特徴的で、年々需要が高まっているようです。

代表的なOPは残響のテロル、鋼鉄城のカバネリ、ルパン三世4期、黒子のバスケ二期OP(中澤さん演出)、ギルティクラウンジョーカーゲームなどでしょうか。詳しくは会社のHPをご覧になってください…↓

www.stereotype.co.jp

所謂普通のアニメ畑ではない会社であろうことは知っていましたが、成り立ちは大変面白いものでした。今年で設立20年ということですが、最初はTシャツのデザインから始まり、CDのジャケットなど、音楽関係のデザインを手がけ、アニメやゲームのウェブデザインやロゴデザインを手掛けるうちにアニメOPの映像制作もやるようになったとのこと。近年は背景会社も設立したようです。

 

ディレクターの山下敏幸さんが初めてOPの本編制作に関わったのがサムライチャンプルーとのこと。そういえばそんな名前があったことを思い出した!

グラフィックデザイン:山下敏幸(ステロタイプ

とクレジットされてました。

この当時はグラフィック素材を提供しただけで、ムービー作成は普通にアニメ撮影さんが担当してたようですね。

その後、映像制作スタッフを増やし、山下さん自身もaftereffectsを覚えていったようです。

 

本格的にOP映像全体を手掛けるようになったのは残響のテロル

ディレクションステロタイプ/ 山下敏幸

とクレジットされてます。作画以外は全部ステロタイプで手掛けているらしいです(背景も?なのかな…)

 

今回はここまで。もうちょっと続きます。